NoFAP
JAPAN

Charge New Energy,
Change Yourself

problem

現在、多くの日本人は「ポルノ中毒」に陥っていると言われています。ポルノ中毒は、ここ十数年間に起きたインターネットの爆発的な普及によって私たちを蝕んできました。インターネットが普及する前、私たちは性的な欲求を満たすために魅力的な異性にアプローチをかけたり、雑誌やビデオを収集する等、ある程度の手間をかけていました。しかし、インターネットを使い手軽にポルノ動画を視聴できるようになった今、画面上で自分の理想的な異性と簡単に疑似的な性行為を行い、性欲を満たすことができるようになりました。ここで起きる主な問題はホルモンの低下によって起きるエネルギーの過剰消費です。最近このような症状を感じることはありませんか?

いつも眠たい感じがする

性欲不全やEDといった男性機能の低下

頭にモヤがかかった状態が続く

やる気が起きない

集中力が続かない

自信がなくなる

倦怠感がある

これらは「テストステロン」と呼ばれる脳内物質が大きく影響している可能性があります。テストステロンは別名「モテホルモン」といわれる男性ホルモンの一種で、男性のたくましい肉体を形成するために骨格や筋肉を強化し、生殖機能を向上させます。また、ドーパミンを生成し幸福感やストレス低減、精神安定といった効果をもたらします。ある中国人研究者によると、禁欲をスタートしてから7日後にテストステロン値は禁欲初日から約45%上昇したそうです。


if you fap...

一方で、自慰行為を行うと「ジヒドロテストステロン」というホルモンが分泌されます。精子に含まれる亜鉛を排出する際に活発になります。これは、テストステロンと同じ男性ホルモンの一種ですが私たちの体に様々な悪影響を及ぼします。下記が一般的に言われているジヒドロテストステロンの悪影響です。

男性脱毛症(AGA)を促進

頭や頭皮が脂っぽくなる

肌荒れ

体臭がきつくなる

やる気が起きない


effect

このように、NoFAPのベースは「テストステロン」を最大化させ「ジヒドロテストステロン」を抑制するという考え方に基づいています。以上が人間のホルモンによる科学的根拠を持った効果です。これらの根拠のみに沿った場合、テストステロン値を最大化するために7日ごとに自慰行為を行うべきであるという結論に至るのはごく自然な考え方です。しかし「禁欲」という分野はその多くが科学的に解明されていません。ネット上の様々なメディアやYouTubeで発信されている体験談に目を通すと個人差はあるものの、このような効果が多く挙げられています。

3〜7日

寝起きが良くなる

目の開きが良くなる

肌質がきれいになる

7日〜14日

髪がサラサラになる

行動力が上がる

体毛が伸びにくくなる   



14〜21日

筋肉がつきやすくなる

疲れにくくなる

21日〜30日

やる気に満ち溢れる

コミュニケーション能力が上がる



30日以降

目がキラキラする

異性を引き寄せる雰囲気が出る

抜け毛が減る

Charge New Energy,
Change Yourself

もちろん物理的な効果には個人差があります。しかし、禁欲が「なりたい自分になる」ためのエネルギー源になりうるということは間違いありません。禁欲には科学だけでは証明できない効果があります。今の自分の姿に満足できない貴方、なんとかして自分を変えたい貴方、まずは禁欲を実践してみましょう。NoFAP JAPANは様々な情報発信やコミュニティの提供を通して皆様を全力でサポートします。Charge New Energy, Change Yourself. 新しいライフスタイルを実現しましょう。



TOP PAGE